Bật/Tắt PHIÊN ÂM HÁN TỰ

 いま、英国では1日中、どこからともなく、この単語が聞こえてくる。

 「へんまん」

 TVをつけると、「へんまん!へんまん!」売店で新聞の見出しを見ると、「へんまん!へんまん!」

 へんまん=ヘンな男。なんだそりゃ?

 ヘンマンとは、ティム・ヘンマン。英国人のプロテニス・プレーヤーである。いま、プロテニスのウィンブルドン選手権が開催 (注1) されている。

 「ウィンブルドン現象」という言葉を聞いたことがある方も多いだろう。

 これは元々、ウィンブルドン選手権で、地元英国選手が( 1 )、外国勢( 2 )活躍するのに盛り上がっている様を表現したのが語源(注2)だ。( 3 )、男子シングルスで1930年代以来英国選手が優勝してないらしいから。

 この現象と、近年英国の銀行や大企業がどんどん外国資本に買収され、英国資本の企業が国内になくなってしまったのに、英国内は景気がよく、雇用(注3)も維持されている現象がよく似ているため、「ウィンブルドン現象」と呼ばれるようになった。

 ティム・ヘンマンは、この( 4a  )がさっぱり活躍しないウィンブルドンで、( 4b )唯一の期待の星だ。なにしろ昨年まで4年連続男子シングルス準決勝進出。( 5 )と期待されている。

 彼は世界ランク10位前後の選手なのだが、ウィンブルドンだけはめっぽう強い。その秘密は、彼のプレースタイルにある。

(注1)開催:大会などを開くこと

(注2)語源:単語ができたはじまりのこと

(注3)雇用:お金を払って人をやとうこと

 

( 1 )

1 しっかり活躍していて 

2 しっかり活躍しないと

3 さっぱり活躍しないで  

4 さっぱり活躍しないと

 

( 2 )

1 ばかり

2 ならば

3 ぐらい

4 として

 

( 3 )

1 なにしろ

2 しばらく

3 ともかく 

4 とはいえ

 

( 4 )

1  a 選手              b 英国

2  a 英国              b 選手

3  a 英国選手      b 選手

4  a 英国人          b 英国人

 

( 5 )

1 今年ならば優勝が 

2 今年までに優勝は 

3 今年こそは優勝を 

4 今年ばかり優勝で