Bật/Tắt PHIÊN ÂM HÁN TỰ

 僕はノルウェー系アメリカ人の3世です。祖父母の家でいっぱいノルウェー話を聞いていました。小さい時から二つの言語があるのが当たり前だった。

 しかし、人生が変わるぐらい影響を受けたのは17歳で日本に留学したこと。山梨県の高校に1年通った。日本語が英語とあまりに違ってびっくりした。しゃべりたいのに誰ともしゃべれないつらい日々が3か月ぐらい続いた。

 ホストファミリーの食卓で家族のお兄さんが茶わんを出して「おかわり」と言った。最初は聞き取れなかったけど、ある日、僕が「おかわり」と言ったらお母さんがもっとご飯を入れてくれた。その瞬間、「おかわり」は僕の日本語になった。その喜びは今でも忘れられません。

 

筆者の言う喜びは何によるものか。

1 自分の話す日本語が実際の場面で通じたこと

2 お母さんにご飯をたくさん入れてもらえたこと

3 日本のホストファミリーの家族と食事をしたこと

4 日本留学で人生が変わるぐらいの影響を受けたこと