Bật/Tắt PHIÊN ÂM HÁN TỰ

 2000年から2001年にかけて、全国紙として有名な新聞が、基本の活字を少し大きなものに変えました。地方紙も同じだったと思います。高齢者人口の増加が原因でしょうが、新聞を読む人の総数の中で、(注1) 老眼鏡を必要とする人の割合が増えたからです。

 新聞だって[お客様は神様]でしょうから、その[神様]の二―ズに沿って紙面を変えるということは、とうぜんのことです。その案内の記事では、これまでの活字と新しい活字を比較して、いかに見やすくなったかがしめされていて、わかりやすく納得できるものでした。そして、各社ほとんど同じことを書いていたと思いますが、紙面の大きさは変えないわけだから、[文字が大きくなった分、文字数を減らさねばなりません]。そこで、記事は (注2) 要点をおさえ簡略化して適切化をはかる」というような説明になっていました。なるほどと思う一方、①これまではそうでなかったのかなとも思いました。

 大きな活字の本出わるようになってきました。とくに辞書は同じ内容で同じデザインで大きな (注4) 版のものが出て、老眼鏡なしても利用できるとありがたがられています。ただサイズが大きくなった分、大きく量いという欠点もありますが、その快適さに換えられないという人には②問題になりません

 

(注1) 老眼鏡:年をとって近くが見えにくくなった人のための眼鏡

(注2) 要点をおさえる:要点をつかむ

(注3) 適切化をはかる:適切になるようにする

(注4) 版:ここでは、サイズ

 

4 新聞の文字が大きくなった理由は何か。

1  文字を大きくすることで要点がわかりやすくなること

2  小さい文字が読みにくい高齢の読者が多くなったこと

3  紙面に余裕ができるように記事の表現を簡略化したこと

4  高齢者から情報を絞ったほうがよいという意見があったこと

 

5 これまではそうでなかったとは、どういう意味か。

1  以前の紙面は活字の大きさを内容ほど重視していなかった。

2  以前の紙面は高齢の読者のニーズに十分こたえていなかった。

3  以前の紙面は重要な情報が簡潔にまとめて書かれていなかった。

4  以前の紙面は読者が納得できるほど詳しく説明していなかった。

 

6 問題になりませんとあるが、なにが問題にならないのか。

1  本を軽くするために活字が小さくなったこと

2  老眼鏡を持っていないと少し読みにくいこと

3  活字が大きくなって情報が少しだけ減ったこと

4  文字が拡大されて辞書が以前より重くなったこと

Sách tiếng Nhật VNJPBOOK